スーツの裾上げをするときの長さの目安

掲載日:

スーツのスラックスの裾上げをするとき、いつもあまり考えずにその場の雰囲気で長さを決めていないでしょうか。しかし、スーツの裾が適切な長さでないと全体のバランスが崩れ、スーツ本来のシルエットまで損なわれてしまいます。スーツの裾上げをするときに覚えておきたい、長さの目安についてご紹介します。

スーツの裾の長さの測り方

最初は店舗でスーツの裾上げをするときに気をつけたいことについてです。フィッティングの際は次のポイントに注意しましょう。

男性の場合


まず、スラックスのウエストの位置を正しく合わせます。ハイウエストやローウエストにならないよう、ウエストは腰骨の位置に合わせるようにします。また、長さを測ってもらうときはベルトをすることを忘れずに。靴も普段よくスーツに合わせるものを履きましょう。計測中は腰を曲げたりせず、背筋を伸ばしてまっすぐ前を向いた姿勢を保つことにも気をつけます。

女性の場合


レディースのパンツスーツの場合も基本は同じです。ただし、ウエストは腰骨というより、おへその位置に合わせるほうがわかりやすいでしょう。靴は必ず普段履くパンプスと同じ高さのヒールで合わせる必要があります。

スーツの裾の長さの目安

スーツの裾は次のポイントに応じて長さを調整しましょう。

パンツの太さで選ぶ

男性の場合、太めのスラックスは長めに調整したほうがバランス良くなります。太くて短いとバランスが悪いだけでなく、広い裾がはためくような仕上がりになってしまいます。逆に細めのスラックスはやや短めにするとすっきりとした見た目になります。こちらは長くすると、足元がもたついた印象になりがちです。

女性の場合はもう少し自由度が高いのですが、裾幅が細いパンツはやはり短めに、ヒールのかかとよりほんの少し長いくらい、フレアパンツならヒールの真ん中ほどで合わせるのが基準です。

スーツを着る場面で選ぶ

スラックスの裾は短めにするとカジュアルな印象になります。カジュアルパンツはアンクル丈が流行っていますが、スーツの場合はくるぶしが隠れるくらいが短めにするときの基準です。逆に、フォーマルな場面に着用するスーツの丈は長めにするのがセオリー。かかとが隠れるくらいが目安です。

スーツの裾上げの種類


スーツの裾上げにはシングルとダブルがあります。よりフォーマル度が高いのはシングルですが、シングルはそのままビジネスシーンでも対応できるため、汎用性の高さで選ぶならこちらがおすすめです。細めのスラックスにもマッチします。

一方、ダブルの裾は、ややカジュアルな印象にしたいときに適しています。こなれた感じにスーツを着こなしたいときや、いわゆるジャケパンスタイルなどのオフィスカジュアルのときはダブルが向きます。

もし適切な長さがわからない場合には……


もしも適切な裾の長さがわからないという場合は、ORIHICAの店舗でご相談ください。スーツを購入いただければ、スーツの種類やお客様のお好みに合わせた最適な長さにサイズを調節いたします。

ORIHICAでは、裾上げのお直し料金は、メンズ、レディース、いずれの場合も639円(税込690円)となっています。

スーツの裾上げは、スーツを購入した際の最後の仕上げとも言うべきものです。上記を参考に、最適な裾の長さを選びましょう。

関連リンクはこちら

スーツの袖丈はどれくらいが良い? 選び方のポイント
スーツをばっちり着こなすための着丈について
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す

ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す

  • ORIHICA meets FRONTALE
  • ポイント照会
  • スタッフブログ
  • メールマガジンの登録・解除
  • Q&A
  • Q&A
  • ORIHICA CHANNEL
  • スタッフ募集
to top

スーツの裾上げをするときの長さの目安 | 特集 | ORIHICA(オリヒカ)公式サイト | メンズ&レディス スーツ・フォーマル・カジュアルショップ