おしゃれに着こなそう! ジャケパンのコーディネートのご紹介

掲載日:

最近よく耳にするジャケパンという言葉、これはテーラードジャケットと、セットアップではないパンツを組み合わせるスタイルのことです。スーツとは違って自由に個性を出せる反面、はたしてこの組み合わせで正解なのかと迷ってしまうという人は多いのではないでしょうか。今回はジャケパンスタイルのコーディネートについて、わかりやすく解説します。

ジャケパンが注目されている理由とは?


ジャケパンはどのような経緯で注目されるようになったのでしょう。もともと欧米ではジャケットとパンツを普段使いするスタイルが定着していました。日本でも昨今はビジネスとカジュアルの垣根を超えた着こなしをする人が増え、ジャケパンスタイルとして広まっています。その背景としてはワークスタイルの多様化も関係していると言えるでしょう。ジャケパンはビジネスでもプライベートでも、限られたワードローブでスタイルバリエーションを多く楽しむ有効な方法となっているのです。

ジャケパンコーディネートのメリット


ジャケパンを着こなすようになると、ビジネスシーンではスーツを着用したときよりもカジュアルで親しみのある印象に変わります。オシャレに見せることもできるので、特にクリエイティブ職などセンスが求められるような仕事ではイメージアップにつながるでしょう。

一方、プライベートでは、ジャケパンコーディネートはフォーマル寄りの大人の雰囲気を演出できます。レストランなどで、スマートカジュアルやセミフォーマルといったドレスコードのある場合でもジャケパンで対応可能です。

加えて、上下セットのスーツと違い、ジャケットとパンツでいろいろな組み合わせが楽しめること、どちらかが傷んだ場合も片方を買い換えればすむので経済的なこともメリットと言えます。

ジャケパンはどんなシーンで着用すると良い?

ビジネスシーンでは、「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」を採用している企業ではジャケパンが基本スタイルとなります。両者の違いには厳密な定義があるわけではありませんが、一般的にはオフィスカジュアルは社内で来客があっても失礼のないカジュアルな服装、ビジネスカジュアルは社外でお客様と接する際にも適したカジュアルな服装と言われています。

襟付きのシャツにジャケット、パンツはチノパンで革靴を履くというジャケパンスタイルなら、ビジネスカジュアルとして通用します。

プライベートでは前述のドレスコードのあるレストランの他、結婚式の二次会でもジャケパンは一般化しています。最近では結婚式の披露宴もジャケパンで参加できるスタイルが人気です。

ジャケパンの着こなしのコツ


ジャケパンスタイルを実践するにはいくつか知っておきたいコツがあります。ポイント別にご紹介しましょう。

細身のシルエットをチョイス

ジャケパンで組み合わせるジャケットとパンツはどちらも細身のシルエットのものを選んでみましょう。フィット感のあるアイテムでまとめることで、すっきりとおしゃれな感じが出せるはずです。

色はメリハリのある組み合わせに


スーツのイメージで上下を同系色にするのではなく、ネイビーのジャケットに明るいベージュのパンツなどハッキリと違う色でメリハリを付けるのが基本です。ただし、黒ジャケットにグレーパンツなど、同系色で濃淡をつけると、これはこれでスタイリッシュなコーディネートになります。

靴とベルトの色は同系色で統一


こちらは逆に、ちゃんと色を合わせることで恰好良く決まるでしょう。靴がブラウン系ならベルトもブラウン系に、靴が黒ならベルトも黒を選ぶのがおすすめです。

ネクタイも同系色を選ぼう


ネクタイは基本的にジャケット、シャツ、パンツの色と同系色のものを選ぶとすっきりとした印象のコーディネートになります。デザインも柄物ではなく、シンプルにソリッド(無地)のネクタイを合わせると全体が締まります。

ただし、上級者はニットタイやコットン素材のネクタイを合わせてスーツと差別化する方法もあります。ボーダーなどカジュアルな雰囲気の柄に挑戦するのも良いでしょう。

無地と柄の組み合わせにも気を配る

無地のジャケットと無地のパンツ、柄のジャケットと無地パンツ、この2つは鉄板の組み合わせです。一方、柄のジャケットに柄のパンツを合わせるコーディネートは上級者向けスタイルなので、初めての方にはあまりおすすめできません。

生地で季節感を出すとよりおしゃれに

一般的なウールやコットンはオールシーズン着回せますが、冬はツイード、夏にはリネンなど、季節感のある素材のジャケットを選べばおしゃれ度がさらにアップします。

ビジネススーツのジャケットを合わせるなら

ジャケパンスタイルとしてだけでなく、ビジネススーツとしても使えるジャケットを選ぶのもおすすめです。その際は、一般的なビジネススーツのジャケットではなく、細身なシルエットで着丈は少し短めに、柄は無地やチェック柄などを選ぶと着回しがしやすいでしょう。

ORIHICAでは、ジャケットとしても着まわせる「ジャケパンスーツ」を展開していますので、興味のある方はぜひトライしてみてください。

パンツもいろいろな組み合わせを!


パンツはチノパンの他、単品で発売されているパンツやジーンズを組み合わせるという選択肢もあります。

トラッドな雰囲気の着こなしならネイビージャケットと相性の良いベージュのチノパン、爽やかな印象をアップさせたいときはホワイト系のチノパン、ビジネスシーンならグレー系パンツ、またはセンタープレスの入ったスラックス系など、TPOに合わせていろいろなコーディネートを。カジュアルダウンしたいときはジーンズが便利です。

また、パンツは無地を選ぶのが無難ですが、チェックなど柄のあるものを履くのも新鮮です。

ORIHICAおすすめのジャケパンコーディネート!(定番編)

ジャケパンを実践する際に、役立つORIHICAおすすめのコーディネートをご紹介しましょう。今回は軸となるジャケットを2着用意して、それぞれにビジネス向け、カジュアル向けのパンツを選んでみます。

ネイビーのジャケットを使ったコーディネート


1着目のジャケットはネイビーをチョイス。これに明るめの色のドレスパンツを合わせ、ワイシャツとネクタイはいつものビジネス用を選べばベーシックなビジネススタイルになります。同じネイビージャケットにキレイ目なカジュアルパンツを合わせ、下もカットソーにすればリラックスしたカジュアルスタイルにアレンジできるでしょう。

グレーのジャケットを使ったコーディネート


2着目のジャケットはグレーをチョイス。パンツは黒に近いグレーでシャツに白を選ぶと、「白、黒、グレー」で王道モノトーンのビジネススタイルのできあがりです。そしてカジュアル用にはカーゴパンツやデニムを活用。下はベーシックなTシャツを合わせると週末カジュアルスタイルとなります。

このようにジャケットを2着、パンツを最低でも4本用意しておけば、例えばネイビージャケットにカーゴパンツといったように、組み合わせを変えながら合計8通りの着回しができるようになります。

季節別!おすすめジャケパンコーディネート

基本のジャケパンのコーディネートについて説明しました。ですが、季節によって厚着のスーツを着用したり、薄着のスーツを着用する場合があるでしょう。ここでは、季節別のジャケパンコーディネートをご紹介いたします。

春のジャケパンコーディネート


ネイビーのジャケットを使用したコーディネートです。定番の色ではありますが、ジャケットは春らしくネイビーの中でも少しライトなカラーを選び、パンツもライトグレーと合わせるのがおすすめです。
ネクタイでオレンジ色を挿し込む事で胸元を一気に明るく仕上げました。また、春~初夏であればネクタイやジャケットの素材はリネン混紡のものを選ぶのが良いでしょう。

夏のジャケパンコーディネート


パンツにブルーなどの清涼感あるカラーを持ってくるのも夏ならではです。グレーのジャケットやベージュのジャケットなど、見た目にも涼しい色を取り入れるのが良いでしょう。
また、ノーネクタイスタイルに映えるよう、ワイシャツは襟立ちの綺麗なボタンダウンがおすすめです。

秋のジャケパンコーディネート


落ち着いた秋らしい配色でまとめたコーディネートです。トップスにニットを挿し込むと秋の季節感もグッと増します。ニットの色はネイビーや黒などももちろんOKですが、ブラウンなどを取り入れると秋らしさを演出できます。シューズはスウェード素材などを合わせても良いでしょう。

冬のジャケパンコーディネート


ジャケパンにコートを合わせたスタイリングです。コートの合わせ方はいろいろありますが、ジャケパンの色味とある程度合わせてあげるとまとまりが出ます。
コートは定番のステンカラーなども良いですが、ジャケパンの場合、写真のように少しカジュアル感のあるダウンコートやキルティングコートとも相性が良いでしょう。

カジュアルな場面でのジャケパンコーディネート


オフなどのカジュアルなシーンでもジャケパンコーディネートを取り入れるなら、ビジネスのときよりも着崩して楽しむテクニックを覚えましょう。


足元は革靴ではなくスニーカーにしたり、程よくダメージの入ったデニムパンツと合わせたり。シャツをカットソーに変えるのもリラックスしたスタイリングに。パンツは細めのものや太めのものを選ぶと個性が出ます。

ジャケパンスタイルは、慣れるまでは難しいと思う人もいるかもしれませんが、このようなシンプルな方法でもスタイルのバリエーションは楽しめるものです。ぜひ一度、気軽な気持ちで挑戦してみてはいかがでしょう。

関連リンクはこちら

いろいろあるジャケットの種類!ラペルやポケットにもこだわろう
ジャケパンスタイルに似合うネクタイの選び方
ビジネスカジュアルとは? いつもの服装の取り入れ方
かっこよく着こなそう! ジャケパンスタイルに合わせるスラックスの選び方
ORIHICAオンラインショップでジャケットを探す
ORIHICAオンラインショップでパンツを探す
コーディネートをもっと見る