何を着れば良い? ウォームビズ時の女性の服装

掲載日:

クールビズの秋冬版として浸透しつつあるウォームビズ。女性の場合、ウォームビズにふさわしいオフィスでの服装とはどのようなものなのでしょうか。「働きやすくて暖かく格好良い」スタイリングを実現するために、押さえておきたいポイントやコーディネート例をご紹介します。

ウォームビズはいつからいつまで?

環境省ではウォームビズの実施期間を例年、11月1日~3月31日としています。

そもそもウォームビズは、環境省が提唱して2005年秋から始まったキャンペーンです。二酸化炭素排出の増加を抑えるため、オフィスなどの暖房を20℃に設定し、服装を「働きやすく暖かく格好良い」ビジネススタイルで過ごすことを呼びかけています。また、服だけでなく、冷えを防止する食生活や熱を逃さない住まいの工夫など、衣食住全般にわたる取り組みを提案しています。

女性のウォームビズで避けたほうが良い服装

暖かくするために過度な重ね着をしてしまったり、厚手のアイテムを選んだりすると、いわゆる着ぶくれの状態になってしまいます。ウォームビズでは何をどう組み合わせればすっきりとして見えて、しかも暖かく過ごせるかを意識しながら着るものを選びましょう。

また、オフィス着の場合、スウェット、パーカーなどカジュアルすぎる服装は避けたほうが無難です。ロングブーツは通勤時であれば構いませんが、社内ではパンプスに替えましょう。会社によってルールの違いがあるはずですが、ビジネスにふさわしい服装のラインを守るようにしてください。

女性のウォームビズの基本

ウォームビズではジャケット、トップス、ボトム、インナーにそれぞれ保温性の高い素材や作りの製品を選ぶのが基本です。薄手のものでも重ね着すると体の熱で温まった空気の層ができて、程良い暖かさがキープできます。以下、アイテム別の選び方を説明していきます。

冬用のジャケットを用意する


ジャケットは冬用のものを用意しましょう。背抜き加工されていない総裏の作りで、素材は保温性の高いフランネルやツイードなどが良いでしょう。定番のテーラードジャケットや、オフィスカジュアルならノーカラーのツイードジャケットなども使い回しが効きます。

スカートよりパンツスタイルを選択する


ボトムは長めのスカートでも良いのですが、パンツスタイルを選ぶと暖かさが増して快適に過ごせます。ジャケットとセットアップのパンツを合わせれば、かっちり感があってアクティブな印象のコーデが完成します。

ニットを着用する


ニットはウォームビズに欠かせないアイテムの一つです。シャツやブラウスとニットのカーディガンなどの組み合わせや、タートルニット、ニットアンサンブルなどを積極的に使いましょう。ただし、柄が入ったニットはカジュアルな印象になるので、無地を選ぶのが基本。さらに薄手のものを重ね着するスタイルのほうが、ジャケットなどと合わせたときにもたつかずすっきりとまとまります。

ストッキングもしくはタイツを着用する

スカートなら厚手のストッキング、もっと暖かさを求めるなら40~60デニールのタイツを履くと良いでしょう。60デニール以下なら脚全体が透けてシルエットもきれいに見えます。逆に、これ以上厚いとカジュアル感が出てしまうことに。パンツスタイルでもストッキングやタイツを着用すれば保温性がアップします。

保温・防寒インナーを着用する

薄くて保温効果の高い防寒インナーも重宝します。長袖や半袖のトップス用シャツはもちろん、スパッツ・レギンス、靴下や腹巻きも便利です。保温性だけではなく、シンプルなデザインで、肌に優しいものを選びましょう。

ウォームビズで女性が用意しておくと良いグッズ


デスクワーク中などに足元や肩が寒いと感じるときは、さっと使えるひざ掛けやストールが役に立ちます。あまり派手なデザインのものは避けて、特にストールはできれば外で使うものとは別に、オフィス用を用意すると良いでしょう。これらは夏のエアコンが寒すぎるときにも活躍します。

窓口業務などで冷えやすい職場では、使い捨てカイロやオフィスワーク用の湯たんぽを使う人もいます。湯たんぽは太ももの上に乗せていると血流が良くなり、腰と背もたれの間に挟んで置くと腰からお腹まわりまで温まります。ひざ掛けと併用すれば周囲の目も気にせずに使えるでしょう。

ウォームビズ時のおすすめの服装コーディネート

最後に、ウォームビズにおすすめのコーディネートを2パターンご紹介しましょう。

セットアップスーツのパンツスタイル


ベージュのセットアップスーツに、タートルネックのニットを合わせやスタイル。冬用の起毛感のあるセットアップスーツに、タートルネックのニットで冬らしい季節感のあるコーディネートになります。色のトーンをまとめ、全体的に暖かみのある印象でまとめているのもポイントです。

ジャケパンスタイル


こちらはレディースのジャケパンスタイルをベースに、ニットを組み合わせたスタイル。ジャケットの下はニット単品だとカジュアルな印象になりがちですが、シャツをインナーに着用することでかっちり感もありつつ、暖かみのあるコーディネートに。色も落ち着いたグレーを中心に選んでいます。

女性のウォームビズスタイルは、オフィススタイルにふさわしいかっちりとした雰囲気をキープしながら、ニットなどの暖かいアイテムを上手に採り入れるのがコツです。参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連リンクはこちら

女性もおしゃれにカッコよく! スーツの着こなし方
女性のオフィスカジュアルコーディネートのご紹介!
防寒対策をしよう! 女性のスーツスタイル時の防寒対策
冬目前! 冬のレディーススーツの着こなし方
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す