ビジネスカジュアルとは? いつもの服装の取り入れ方

掲載日:


多くの会社で新しいファッションスタイルとして定着しつつあるビジネスカジュアル。その中に「いつもの服装」を取り入れることはできるのでしょうか。ビジネスカジュアルとは何かという定義も含め、ビジネスカジュアルとデイリーカジュアルの関係について解説します。

ビジネスカジュアルとは?

ビジネスカジュアルとは、基本はビジネスで着る服装であり、スーツスタイルほど固すぎず、かと言ってプライベートで着る服のように緩すぎることもない、リラックスしたビジネススタイルのことです。

では、具体的にどのような服装がビジネスカジュアルなのかは、実は確たる定義はありません。ただ、ビジネスの場で着用するものなので、マナーや、これはNGというアイテムが存在します。ビジネスカジュアルが難しいと思われがちなのは、そうしたアリかナシかの見極めをしなければならない点にあるのではないでしょうか。

ビジネスカジュアルに「いつもの服装」を取り入れるときの注意点

ビジネスカジュアルが私服に近いものなら、プライベートで着ているアイテムを取り入れることもできるのでしょうか。普段、キレイめなカジュアル服を着ている人であれば、それも間違いとは言えません。ただ、いくつか注意すべきポイントがあります。


まず、よく問題になるジーンズについて。ダメージジーンズなどは論外として、濃紺のデニム程度なら会社や職種によってはOKということもあります。しかし、営業職や社外の人と接する機会のある職種では、ジーンズやデニムはほぼNGです。

ポロシャツをビジネスカジュアルで着て良いかどうかも意見が分かれます。夏は無地のポロシャツならOKとする会社もありますが、一般的にはやはり好ましくないとされるケースも多いようです。ただし「ビズポロ」と言われる衿立ちが綺麗なポロシャツはビジネスシーンを想定して作られているのでおすすめです。


ほかに問題となりやすいのは、カットソー、ハイネックなどのニット、スニーカー、ブーツなどでしょうか。これらもOKとする会社があるのは確かですが、他社とやりとりするようなことがある場合には基本的にはやめておいたほうが無難です。
短パン、サンダルなどのラフ過ぎるアイテムも、職種や業務内容が特殊なケースを除き、もちろんNGです。

次に全体のコーディネートに関する注意点です。
全身真っ黒なコーディネートは避けましょう。トップスもボトムスも黒だと全体が重たい印象になってしまいます。

もしデイリーカジュアルのアイテムをビジネスカジュアルに取り入れるなら、それがビジネスの場にふさわしいか、例えばお客様との商談などでも身につけられるものかどうか、自問自答して選ぶのが原則です。

ビジネスカジュアルで役立つアイテムは?

では、ビジネスカジュアルにふさわしいアイテムとは、どのようなものなのでしょう。デイリーカジュアルとしても、ビジネスカジュアルとしても使えるアイテムを中心に紹介していきましょう。

ジャケット


ビジネスカジュアルの基本は、ジャケパンスタイルです。定番の紺ジャケットは1つあるとプライベートでもビジネスでも着回せます。ほかにニット素材のジャケット、チェックなど柄物のジャケット、グレー系、ブルー系の発色が明るめのジャケットなども使い勝手が良いでしょう。

シャツ


シャツは、ビジネスシャツより少しカジュアルダウンさせたシャツがおすすめです。コットン素材のオックスフォードシャツ、ボタンダウンシャツ、チェック、ストライプ、ブルー、ピンクのシャツなどをそろえてみましょう。ビジネスならしっかりシャツイン、プライベートなら裾を出して、と両方の場面で着ることができるシャツもあります。

ストライプやチェック、ドットなどの柄が入ったシャツもアクセントになってオシャレです。同じストライプでもロンドンストライプ、ペンシルストライプ、ピンストライプなどさまざまな種類があるので、好みのものを探してみましょう。

ニット


ニットのアイテムは、ビジネスカジュアルに欠かせません。ウールやコットンの無地に近いカーディガン、クルーネックやVネックの薄手のニットは定番。秋冬はウール、春はコットンや麻など素材も使い分けましょう。ジャケットインでもストレスが少ないベストタイプのニットも役立ちます。もちろん、プライベートでも活躍します。

パンツ


ビジネスカジュアルにもプライベートにも使える代表は、コットンのチノパンです。ベージュやグレーは初心者向け、白はワンランク上のコーディネート用として必携です。慣れてきたらインパクトのあるチェック柄なども取り入れましょう。


ビジネスカジュアルの靴は革靴が基本です。黒のシューズなら、ジャケットやパンツにカジュアル寄りのデザインのものを選んだときでも、足元が引き締まって見えるはずです。濃い茶系の革靴もおすすめで、こちらは逆にジャケットやパンツがかっちりとしていても、足元の雰囲気で少し柔らかい印象になり、オシャレ度もアップします。ベルトも靴と同色を選びましょう。

デザインはオーソドックスなプレーントゥやストレートチップ、紐なしならモンクストラップシューズなどが良いでしょう。

ビジネスカジュアルのコーディネートの例

最後に、ビジネスカジュアルのコーディネート例をご紹介します。

ビジネスでのビジネスカジュアル


ネイビージャケットにブルーのコットンパンツを合わせたノータイスタイルです。着回しのきくネイビーのジャケットは、ベージュやグレー、ホワイトのパンツとも合わせられます。シャツの色も白以外に、薄いブルーなども選択可能。ネクタイをするのももちろんOK。この基本スタイルはさまざまなビジネスシーンで着用できるでしょう。

就活でのビジネスカジュアル


ビジネスカジュアルで会社説明会やインターンシップなどの就職活動に臨む際は、ネイビーのジャケットにグレーのコットンパンツの組み合わせがおすすめです。ビジネスにおける定番の色の組み合わせなので違和感がなく、爽やかな印象を与えられます。コットン素材のパンツはセンタークリースの入ったタイプならきちんと感もあって、カジュアルすぎることもありません。入社後のビジネススタイルとしても活用できるでしょう。

いつもの服装をビジネスカジュアルに取り入れていけば、自分らしいビジネスカジュアルを作り上げることができます。同時に、ビジネスカジュアルのためのアイテムをそろえることで、デイリーで使えるワードローブも充実していくでしょう。両者を上手に生かし合いながら、ファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連リンクはこちら

おしゃれに着こなそう! ジャケパンのコーディネートのご紹介
ジャケパンスタイルに似合うネクタイの選び方
カジュアルに着こなそう!コットンスーツの着こなし方
いろいろあるジャケットの種類!ラペルやポケットにもこだわろう
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す