七五三ではどんな服を着ればいい? 服装の選び方 ~母親編~

掲載日:

女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳になる年に、子どもの成長を祝う七五三。その時期が近づいてきて、子どもの服装については考えていても、親である自分が何を着るのかは後回しになっているという人もいるのではないでしょうか。けれども、七五三では親の服装もとても大事。きちんと押さえておかなければならないポイントもあります。
そこで今回は「母親編」と題して、七五三にふさわしい服装の選び方と具体的なコーディネートについてご紹介します。

七五三での母親の服装を選ぶ際に注意すべきポイント

七五三の服装について考えるときは、まずTPOやマナーについて意識しておきましょう。厳格な決まりがあるわけではありませんが、注意すべきポイントを押さえておけば服装を選ぶ基準もわかってきます。

ラフすぎる格好は避ける


七五三は子どもの成長を祝う大切なイベントなので、ある程度フォーマルな服装をすることが求められます。ジーンズ、スウェットなどのラフすぎる格好をはじめとして、普段着に近い服装は避けるべきです。特別な日のための装いを心がけましょう。

とはいえ、ビジネススタイルのスーツでは華やかさに欠けがちなので、さりげないおしゃれ感も取り入れたいところです。しかし装飾や色柄が華美な服や、肌の露出が多い服などは好ましくありません。これらの条件を考慮すると、候補はセレモニースーツやワンピース、より伝統を重んじるなら訪問着などの和装が挙げられるでしょう。

服装の格を意識する

和装には着物の種類によって格がありますので、両親の着物は主役である子どもより格を下げる必要があります。また、夫婦そろって着物を着る場合は、両者の格を合わせなければいけません。夫婦のどちらかが和装でどちらかが洋装の場合、和装はきちんとした印象を与えますので、それに合わせて洋装もスーツやワンピースなどフォーマルな服装を選んだほうがバランスはとれるでしょう。

また、両親が洋装にした場合は、母親がスーツなのに父親はカジュアルジャケットというのもチグハグになります。

子どもより目立たない

子どもよりも目立たない配慮も必要です。七五三の主役はあくまでも子どもです。母親だけでなく、父親も含めて両親の服装は子どもを引き立てるものにすることを心がけましょう。

例えば、子どもの服装よりも両親の服の方が派手な色や柄だったり、きらびやかなアクセサリーをつけていたりといったことはNGです。撮影した写真もバランスの悪いものになってしまうでしょう。両親の服装は子どもの引き立て役として、一歩引いたものにするという気持ちで選ぶようにします。

七五三の母親の服装は和装と洋装どちらが良い?

母親の服装として和装と洋装のどちらが良いのか迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。

今は七五三も昔ほど格式張ったものではなくなっているので、和装でも洋装でもどちらでもかまわないというのが一般的な認識です。よりフォーマルで格式が高いのは和装ですが、きちんと感のある洋装もポピュラーになっています。

和装の場合は訪問着・色無地・付け下げが主流です。ただ、和服は動きづらいという面もあります。写真やビデオを撮る、主役の子の兄弟も含めて子どもの面倒を見る、両親のどちらかが車を運転するといったことがあると、和服だと何かと不便なこともあるでしょう。履き慣れない草履を履かなければいけないのもデメリットだといえます。

洋装の主流はスーツやワンピースです。特におすすめしたいのは、動きやすいのはもちろん、夫婦でも合わせやすいセレモニースーツです。最近は七五三だけでなく、卒園式、入学式などでも着回しができるセットアップスーツのほか、セパレートタイプのジャケットとボトムの組み合わせも人気となっています。

母親が七五三で洋装を着る場合のポイント

七五三で着る洋装は子どもを引き立てるものであることを前提として、フォーマル感と華やかさがあり、動きやすく、トレンドも押さえたものであるのが理想です。具体的には、次のようなポイントを踏まえて選ぶと良いでしょう。

ベージュ、明るいグレーやネイビーなど明るい色のスーツを選ぶ


ベージュや明るいグレーのスーツを選ぶと、フォーマルでありながら華やかさを演出できます。ネイビーも人気色ですが、ビジネススタイルのような雰囲気にならないよう少し明るめのものを選ぶか、インナーに女性らしさを感じさせるブラウスなどを選ぶとセレモニー感がアップします。

ジャストサイズのスーツを選ぶ

スーツはジャストサイズを選ぶことでシルエットが美しくなり、きちんと感が出ます。肩などがだぶついたりせず、ぴったりもしすぎていないものを着用しましょう。スカート丈は膝が隠れるくらいにするとエレガントな雰囲気になります。

場合によってはパンツスーツの選択を


動きやすさを重視してパンツスーツを選ぶという人もいます。それほどメンズライクではないパンツスーツであれば、七五三のようなお祝いの席でも違和感はないでしょう。

写真写りが気になる人は、参拝は動きやすさを重視してボトムをパンツにして臨み、記念写真撮影のときはスカートを着用するという方法もあります。写真スタジオに移動してから着替えても良いですが、撮影を参拝とは別の日にすると荷物を減らすことができ、負担が少ないでしょう。

七五三での母親のコーディネート ~セットアップ編~

ここからは具体的な七五三での母親のコーディネート例をご紹介します。まずはセットアップスーツを選ぶ場合から見ていきましょう。

明るめのグレースーツをフェミニンに


ややライトなグレーのスカートスーツによるコーディネートです。トップスはノーカラーデザインのジャケットで、フェミニンな着こなしを意識しました。インナーも女性らしい白のシフォンブラウスを合わせて、気品と清潔感を演出。

スカートは膝丈、巻きスカート風のデザインなのでエレガントな印象を与えてくれます。ヒールのあるパンプスはスーツと同色で揃えてフォーマル寄りに。全体にかっちりとしていながら、おしゃれ感も漂う組み合わせとなっています。

明るめネイビーのスカートスーツで爽やかに


こちらは少し明るめのネイビーのスカートスーツでコーディネートしました。上と同じくノーカラーデザインのジャケット、シフォンブラウス、巻きスカート風の膝丈スカート、ヒールのあるパンプスを合わせています。

違いはシフォンを薄いブルーにしてスーツとの統一感を出したこと。さらにこのブラウスは取り外しできるアクセサリー付きで普段遣いにも使えるタイプとなっています。一方、パンプスはあえて別系統のシックな色を選んで、おしゃれ度をさりげなくアップ。

かっちりタイプのネイビースーツをセレモニースタイルで


ネイビーのノッチドラペルのジャケットにタイトスカートを合わせたスーツは、ビジネスでも使える一着。けれど、こんなハンサムな印象のスーツも、コーディネートを工夫することでセレモニーにふさわしい装いになります。

インナーはとろみ感のある素材を使用した女性らしさを感じさせるブラウスで、色は気品あるパープルをチョイス。印象的なパール調のボタンも高級感をアップさせています。足元は黒のパンプスで締めて、フォーマルな雰囲気に。

七五三での母親のコーディネート ~セパレート編~

セパレートタイプのジャケットを使ったコーディネートもご紹介します。七五三にふさわしい着こなし方のコツは、きちんと感と華やかさのバランスを取ること。これはセットアップスーツの場合と変わりません。

ネイビージャケットと共生地のインナー&スカートを活用


ノーカラーのネイビージャケットに、共生地で作られたインナー、スカートの組み合わせです。ジャケットを脱げば、共生地のためそのままワンピースのように着こなせるスグレモノ。さらにジャケット、インナー、スカートをそれぞれ単品でも着用できる、とても使い勝手の良いセットです。

巻きスカート風のスカートはウエストマークになるリボン付きだから、脚長効果もあってすっきりとした見た目に。アクセサリーなども工夫すれば、七五三だけではなくさまざまなシーンに応用が効くでしょう。

ネイビージャケットに、共生地で揃えたパンツスタイル


上とやや色目の異なるネイビージャケット、そして共生地のインナーとパンツの組み合わせです。ノーカラーデザインのジャケットに、すっきりとしたシンプルなインナー、ワンプリーツパンツでワンセット。やはりそれぞれ単品で普段使いできます。

特に股上が深めでヒップ周りにも少し余裕のあるパンツは、脚長効果に加えてヒップラインも美しく見えるシルエットが特徴。動きやすいデザインなので、七五三のビデオ撮影などもラクラクこなせます。パンプスやバッグとの組み合わせできちんと感も押さえながら、アクティブな着こなしができます。

グレーのテーラードジャケットをフェミニンに着こなす


地味な印象にもなりがちなグレーのテーラードジャケットですが、きちんと感を活かしつつ、フェミニンに着こなすこともできます。ここでは薄いピンクのギャザーシャツと、膝下まで隠れる丈のレーススカートをコーディネート。どちらもさりげなく女性的で、柔らかな印象に。ちなみに襟元のアクセサリーはシャツに付属していて、取り外し可能。濃色ボトムで下半身の痩せ見え効果があるのも見逃せないポイントです。

パンプスはスカートと同じ紺。ほかのコーディネートにも言えますが、ヒールのあるパンプスはフォーマルな装いをするときに欠かせないアイテムです。ただし、ヒールが高すぎると歩きづらいだけでなく、華美な印象を与えかねませんので、5センチ程度を目安に選ぶと良いでしょう。

七五三は子どもにとっても、家族にとっても大切な記念日です。母親の服装は控えめで、マナーに適ったものでありながら、さりげない華やかさも欠かせません。また、動きやすさも求められます。今後の着回しのことも考えながら、自分にぴったりな一着を探してください。

関連リンクはこちら

七五三ではどんな服を着ればいい? 服装の選び方 ~父親編~
卒園式や入園式では何を着れば良い? 母親の服装について
子供の幼稚園、小学校のお受験に着るスーツの選び方 ~母親編~
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す