ビジネススーツにぴったり! マフラーの色の選び方

掲載日:


寒い季節になれば、ビジネススーツの上にコートを、さらにマフラーを巻く機会も増えてきます。あなたは普段、どんなマフラーを選び、どんな結び方をしているでしょう? ここでは、ビジネススーツやコートにふさわしいマフラーの選び方、結び方についてご紹介します。

ビジネススーツ、コートに合わせるマフラーの色と柄


まず知っておきたいのは、モノトーンのマフラーであればどんなスーツにも合わせやすいということです。ブラックかグレーのマフラーを1本持っていれば、ビジネスシーンで困ることはまずないでしょう。

もう少しおしゃれをしたい、気分を変えたいというときには、2本目としてネイビーやワインレッド、キャメル、ベージュなどのマフラーがあると重宝します。柄は無地が基本ですが、チェックやヘリンボーンも違った味わいがあるでしょう。まずは無地のモノトーンを選び、そこから少しずつ冒険をしてみてはいかがでしょうか。

避けた方が良いマフラーの色や柄は?


マフラーの色はあまりビビッドなものを選ぶと、マフラーだけが浮いて見えることがあります。また、柄はコートと被ると野暮ったくなりがちなので気を付けましょう。
ドレッシーなチェスターコートにカジュアルなボーダー柄などのマフラーを組み合わせるといったことも、ちぐはぐな印象を与える可能性があるので避けた方が無難です。ストライプのマフラーは、色味がシックであればビジネステイストに合いますが、カラフルなものは上級者向けのアイテムなので要注意です。組み合わせ方によっては、学生っぽくなってしまうこともあるかもしれません。

マフラーの素材はどれが良い?

スタンダードな素材はウールです。保温性が高く、価格は比較的手が届きやすくて、種類も豊富です。メリノウールなどを選べば肌触りも快適です。

ウールよりも高級素材として知られるカシミアは肌触りがとても良く、薄くても暖かいのが特徴です。ビジネス用途としても文句ありません。

アンゴラも高級な素材で、柔らかくなめらかな風合いがあります。軽いのも魅力ですが、静電気が起きやすいので乾燥した日などは少し気になるかもしれません。

スーツやコートに合うマフラーの巻き方は?


どんなマフラーを選ぶかというのと同じくらい、見た目の印象を左右するのがマフラーの巻き方です。いつもワンパターンな巻き方になっているという人は、ちょっと違う巻き方もバリエーションに加えてみてはいかがでしょう。

ニューヨーク巻き

ニューヨーク巻きは、簡単なのにおしゃれ感がアップする巻き方です。まず左右どちらかの長さがかなり長くなるようにして首にかけます。次にぐるりと一周して首に巻き付けましょう。長く垂らした方が上になるように胸の前で軽く一回結んで完成です。

ワンループ巻き

これは、既にご存知の巻き方かもしれません。マフラーを二つ折りにしてから首にかけ、できたループにマフラーの端を通して、フリンジを少し広げるだけで完成です。別名「スクール巻き」とも呼ばれることもあり、学生っぽいイメージがあるかもしれませんが、実は二つ折りにするときにわざと長短をつけるなどしてアレンジすると、一味違う大人っぽい雰囲気になり、ビジネススーツやコートにも似合うようになります。

エディター巻き

こちらは、女性がショールやストールを巻くときの定番スタイル。まず首にかけて前で左右を交差させ、上の角を首の後ろに持って行って一回軽く結びます。あとは前の形を整えればOKです。男性がする機会はほとんどないでしょうが、女性に教えてあげると株が上がるかもしれません。

イタリア巻き

片方が眺めになるように首にかけて、首に一周巻きつけます。次に首に巻いた輪の下から長い方の端を、ループを作りながら首元に引き出します。そのループに反対の端を通して締めて整えれば完成です。パッと見ではどうやって巻いたのかわからない一工夫ある巻き方です。

上記のマフラーの巻き方は、動画でもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
マフラーの巻き方 by ORIHICA

ビジネススーツやコートに、マフラーでちょっとしたアクセントをつけられれば「デキる男」という印象を与えられます。たかがマフラーと思わず、ぜひ自分なりにも研究をしてみてください。

関連リンクはこちら

スーツに合うコートはどれ? ビジネス用のコートの選び方
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す