七五三ではどんな服を着ればいい? 服装の選び方 ~父親編~

掲載日:

七五三では、子どもや母親だけではなく、父親もドレスアップする必要があります。しかしながら、どの程度のドレスアップが必要なのか、どのような基準で服装を選べば良いのか、決めるのが難しいのではないでしょうか。七五三をお祝いするときの父親の服装について解説します。

七五三は何歳でお祝いするの?

七五三とは子どもの成長を祝う日本独特の伝統行事です。一般的に男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳のときにお祝いします。

七五三は数え年でお祝いするのか、満年齢でお祝いするのか気にされている方もいるかもしれません。昭和の中頃までは数え年でお祝いするケースもよくありました。その場合、数え年3歳は満2歳になる年、数え年5歳は満4歳になる年、数え年7歳は満6歳になる年にお祝いをします。

しかし、現在は満年齢でお祝いするのが一般的です。正確には数え年、満年齢どちらでも良く、兄弟姉妹がいるときは片方が数え年、片方が満年齢で一緒に行ってもまったく問題ありません。また、3歳のときは省いて、男児は5歳、女児は7歳のときだけ七五三としてお祝いするというケースも珍しくなくなっています。
なお、七五三は11月15日ですが、必ずこの日に行わなければいけないということはありません。最近は10月~11月の家族の都合が合う日にお祝いするというケースがほとんどです。

七五三の服装を選ぶときに知っておきたい「格」とは?

まず理解しておきたいのは、七五三での主役はあくまで子どもだということです。ご両親やご家族は基本的にその引き立て役という立場になります。

そのため、母親と父親の服装は、子どもよりも「格下」の服を選ぶ必要があります。そして両親(夫婦)の服装は、お互いの格を同等に揃えなくてはなりません。そこでまず子どもの服装を決めて、次にそれに合わせて母親、さらに父親の順で何を着るのかを決めるとスムーズです。

また、夫婦間で格を同じにした場合でも、子どもよりも派手な色や柄の服を選ぶのは避けた方がよいでしょう。家族写真を撮る際に、最初に子どもに目が行くようなイメージで選びましょう。

七五三での父親のおすすめの服装

さて、七五三のときの父親の服装はどのようなものがふさわしいのでしょうか。ここでは、父親がどんな服装にすべきなのかを説明します。

フォーマルの礼服


母親がブラックフォーマルを着る場合、父親もそれに合わせてセミフォーマルのブラックスーツ(礼服)を用意する必要があります。スーツは無地の黒、シャツは白のレギュラーカラーかワイドカラーを選べば間違いないでしょう。ネクタイも白が無難ですが、光沢のある白やシルバー、少しおしゃれ感を出したいなら薄いパステルカラーなども選択肢に入ってきます。

ただ、最近では七五三で礼服まで用意する人は少なくなってきているようです。ブラックフォーマルであれば格式を重んじることにはなりますが、もう少しイベントとして華やかさやリラックスした雰囲気を楽しみたいという人が増えているからでしょう。一般的なのは、これからご紹介するセミフォーマルのスーツです。

黒・グレー・ネイビーなどのセミフォーマルのスーツ

セミフォーマルのスーツとはどのような服装なのでしょうか。

父親の場合、ビジネススーツに少しフォーマルな華やかさをプラスした服装、というのが基本になります。ブラック、チャコールグレー、ネイビーなどダーク系カラーのスリーピースがあれば申し分ありません。

シャツは白や薄い青、薄いピンクなど淡い色のドレスシャツがおすすめです。ネクタイもビジネスで使っている色や柄でかまいませんが、少し明るめの色を選ぶと華やかさがプラスされます。おすすめはシャツと同系色で、明るめの色のネクタイです。例えばシャツを白に、ネクタイをシルバー系にすればフォーマルな雰囲気になるでしょう。さらにポケットチーフ、カフリンクスなどのアイテムもぜひ取り入れてみてください 。

ジャケパンスタイル


基本の服装はフォーマルかセミフォーマルなのですが、子どもの服装が洋装で、母親がそれよりも格下の「カジュアルな服装」を選んだ場合は、父親の服装もそれに合わせてカジュアルなスタイルで問題ありません。

ただし、七五三というお祝いの席に、ジーンズやスウェットなどのあまりにカジュアルすぎる服装はなじみません。カジュアルダウンしたとしても、ジャケットは着用した方が良いでしょう。スーツスタイルよりカジュアルに寄せるなら、ジャケットとパンツを別々に用意するジャケパンスタイルが候補になります。

例えばネイビージャケットに白のワイシャツ、ネクタイも締めて、ボトムはグレーのパンツ、といった服装ならTPOに適った服装といえます。

七五三での父親のコーディネート ~スーツ編~

ここからは七五三での父親のコーディネート例をご紹介します。まずはスーツ編からです。

スリーピーススーツできちんと感のある装いに


共生地のベスト付きスーツであるスリーピーススーツを着用すれば、かしこまった感じ、きちんと感が出ます。スリーピーススーツはスーツを着て七五三に臨む場合の、おすすめの筆頭に挙げられるチョイスです。スーツの生地は無地で、できればツヤ感のあるものを。シャツは白無地が基本。ネクタイは上品な光沢感のあるものならOKで、家族と色を合わせてみるのも面白いでしょう。靴はレースアップがベストです。ポケットチーフもぜひ用意してください。

ブラックスーツを七五三にも活用


ブラックスーツ(礼服ではないもの)を持っているなら、セミフォーマルな装いに活用できます。無地なら言うことなしですが、シャドウストライプでも無地のように見えるので許容範囲内です。シャツは白無地か、パステルトーンのものでもかまわないでしょう。そのほかは光沢感のあるネクタイ、レースアップの靴、ポケットチーフなど、スリーピーススーツのときと基本は変わりません。

上下別売りのセットアップを組み合わせて


セットアップは厳密にはスーツではなく、体格に合うジャケットとパンツをそれぞれ選んで組み合わせるタイプになります。写真のような無地の紺のジャケットとパンツを持っていれば、組み合わせてスーツのように着るのも、それぞれを単品で着るのも自由です。七五三には、紺のピンドット柄ネクタイやブルーのワイシャツ、ポケットチーフなどできちんと感を演出すると良いでしょう。

七五三での父親のコーディネート ~ジャケパン編~

続いて、スーツよりも自由にコーディネートが楽しめるジャケパン編のコーディネートです。

紺ジャケ&チャコールグレーパンツで大人の装い


紺のジャケットとチャコールグレーの濃い色同士の組み合わせです。さらにジャケットと共生地のベストを合わせて格調高い雰囲気をプラス。インナーにはドレッシーなクレリックカラーシャツを着用しています。靴も黒靴でシックに。写真撮影をするなら、ジャケパンでもこれくらいフォーマルに寄せた雰囲気にした方が良いでしょう。

紺ジャケにグレーのパンツという定番コーデ


紺ジャケットにミディアムグレーのパンツ、ジャケットと共生地のベストというコーディネート。チャコールよりも明るいトーンのボトムを組み合わせたことで軽快さが生まれ、堅すぎない雰囲気に。光沢のあるネクタイに淡いパステルカラーが入っていることで華やかさをプラスしています。

リラックスした印象の紺ジャケ&グレーパンツ


こちらも紺ジャケを使った定番の色の組み合わせですが、パンツはコットン素材で柔らかくリラックスした雰囲気に。そこまでかしこまりたくないなら、このように綿パンを使ったり、ボタンダウンシャツにしたり、茶系のシューズに変えたりしてドレスダウンを。ピンクのネクタイが指し色になり、華やかさをアップしています。

グレージャケットにネイビーパンツでおしゃれに


ジャケットをグレーに、そしてボトムにトーンの暗いネイビーパンツという組み合わせもあり。カジュアルな中にもおしゃれ感のあるコーディネートになります。さらに、アイテムの色数を抑えることでスマートな雰囲気に。ニットタイやボタンダウンシャツもほどよいリラックスムードを印象づけています。


七五三での主役はあくまで子どもですが、それを引き立ててお祝い事の雰囲気を作り出すのは両親の役目です。いつもよりも少しドレスアップして、子どもの大切な七五三をお祝いしてあげてください。

関連リンクはこちら

七五三ではどんな服を着ればいい? 服装の選び方 ~母親編~
卒園式や入園式では何を着れば良い? 父親の服装について
子供の幼稚園、小学校のお受験に着るスーツの選び方 ~父親編~
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す