女性のスーツに合わせるベルトの選び方

掲載日:


女性のスーツ、中でも特にパンツスーツを着用するときに必要になるのがベルトです。女性用のスーツに合わせるベルトはどのようなものを選べば良いのでしょうか。ベルトの選び方と、注意点について説明します。

女性用のスーツにベルトは必要?


女性用のスーツでは、基本的にベルト通し(ベルトループ)があればベルトをします。特にパンツスーツの場合はベルト通しが付いているかどうかを確認するようにしましょう。

パンツスーツにベルトをするとかっちりと締まった印象になります。就職活動などで颯爽として積極的なイメージを前面に押し出したいときは、しっかりとベルトをするパンツスーツのコーディネートを考えてみてはどうでしょうか?

スカートの場合もまれにベルト着用が前提となっているものがあります。いずれの場合も、ベルト通しがなければベルトは不要と考えて良いでしょう。

女性のスーツに合わせるベルトの選び方

女性のスーツにはどんなベルトが合うのでしょうか。選ぶときのポイントをご紹介します。

カジュアルなもの、デザインが派手なものは避ける

カジュアルなベルト、派手すぎるデザインのベルトはスーツには合いません。特に就職活動用などの場合は、ベルト本体は模様などのないシンプルなデザイン、バックルはスタンダードな四角いスクエアピンバックル、少し丸みを帯びたラウンドピンバックルのものを選ぶのがおすすめです。とは言え、スーツ用のベルトにもおしゃれなものはあります。営業活動などでは少しデザインが凝ったものなど、TPOに合わせてセレクトしましょう。

太さが細いものを選ぶ

レディースのベルトは細いものを選びます。ベルト通しの大きさとは関係なく、細めのものを付けるものだと思ってください。太いベルトはカジュアル、あるいは男性っぽいスタイリングになりがちなので要注意です。バックルも小さく華奢なものが主流です。

革の部分をパンツスーツの色に合わせる

基本的に、ベルト本体の色はパンツスーツの色に合わせます。就職活動用の黒いスーツなら、黒のベルトを合わせるとよいでしょう。バックルの色はゴールドかシルバーが一般的です。ほかにはパンプスやバッグの色に合わせて、茶系などを選ぶ方法もあります。

スーツ用のベルトを買ったらすること

ベルトは実際に付けてみて、長さが合っているかを確認しましょう。短すぎても、長すぎても格好良くありません。ベルトの穴は3つか5つなど奇数個あるのが一般的で、真ん中の穴を使います。

ベルトは通常、バックルを取り外してベルト本体部分を切ることで長さを調整できるようになっています。カットの仕方は次のとおりです。

  1. バックルを裏返し、マイナスドライバーなどを使って金具を外す
  2. バックルとベルト本体を分ける
  3. ベルト本体の長さを決めて真っ直ぐに線を引いておく(斜めに切ってしまうことを防ぐため)
  4. よく切れるハサミで、引いた線に合わせてカットする
  5. バックルにベルトを差し込み、金具を閉じて元に戻す

女性のスーツスタイリングではつい忘れられがちなベルトですが、パンツスーツではアクセントになる重要なアイテムです。ふさわしいものを選び、きちんと締めるようにしましょう。

関連リンクはこちら

スーツスタイル時の通勤用のバッグの選び方 ~女性編~
どれを選べば良い? スーツに合うパンプスの選び方
レディーススーツに合わせるインナーの選び方
スーツに合うレディースコートの選び方
女性もおしゃれにカッコよく! スーツの着こなし方
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す