女性のオフィスカジュアルコーディネートのご紹介!

掲載日:

よく耳にするオフィスカジュアルという言葉。具体的にはどんな服装のことを指すのか疑問に思ったことはありませんか? 今回は女性のオフィスカジュアルについて、コーディネートを中心にご紹介します。

オフィスカジュアルとは?

働く女性のオフィスファッションは以前よりもカジュアルなものが主流になっています。仕事の時の服装なのでビジネスカジュアルと呼ばれることもありますが、これらはスーツや制服よりはやわらかめの印象です。

ただ、どの程度までラフなものが許されるのか、デニム、カットソー、スウェット、ショートパンツなどアイテムによる是非はあるのかといったことはあまり明確ではありません。実際のところ決まりは特になく、職場や、時には上司によっても変わるというものだという認識が一般的ではないでしょうか。

オフィスカジュアルで気をつけるポイントは?

それでも仕事のための服装である以上、気をつけるべきポイントは存在します。まず、カジュアルといってもTシャツやスウェットパーカー、サンダルやスニーカーなどカジュアルすぎるファッションはNGであることが多いでしょう。ミニスカートや極端なショートパンツ、キャミソールなど露出が多いものもふさわしくありません。

他には清潔感に掛ける服装、派手すぎる色や柄も好まれないでしょう。オフィスカジュアルは清潔感やすっきりと締まった雰囲気をベースとしつつ、ほどよくフェミニン、エレガントなテイストを採り入れるようにするとしっくりくるのではないでしょうか。抜け感やこなれ感は、最初のうちはあまり意識しなくても良いでしょう。

オフィスカジュアルのコーディネート例


決まりがないオフィスカジュアルなので、どんなコーディネートをすればいいのかは悩みどころです。職場によってNGなアイテムが決まっていることもありますが、ここではひとまず参考になりそうなコーディネート例を挙げてみましょう。

・モノトーンでまとめる


オフィスカジュアルの基本となるのが白いシャツと黒のスカートまたはパンツという組み合わせです。すっきりと締まった雰囲気になる上に、モードっぽいおしゃれ感もあります。夏はオフィスによってはノースリーブのシャツも許容されるでしょう。

・シャツ+ニットなどでアレンジ


シャツは白だけでなく青やストライプの入ったものも使えます。クレリックシャツを着るのもおしゃれ。アクティブなシャツにはパンツの方がしっくりきます。上にニットやカーディガンを着るとすっきりした中にもやわらかい印象が出せるでしょう。

・ブラウスを中心に考える


もう少しエレガントにという時は、シャツではなくブラウスでコーディネートしてみましょう。色は白以外に紺や薄いブルー、ベージュ、グレーなど。リボンデザインやフリル、タックのあるものは女らしく、プチハイネックのものならきちんと感も出せます。ミディ丈のフレアースカート、タイトスカートとも合わせやすいでしょう。

・ジャケットを活用する


テーラードジャケットもぜひ持っていたいアイテムです。ウールの他、ジャージーなどストレッチ性のある素材のものも着回しが効きます。色は黒の他、グレー系、ネイビー系など。下にはシャツやブラウスの他、ニット、カットソーでも合わせられます。ボトムスは同じ素材のスカートやパンツを選ぶとコーディネートしやすいのではないでしょうか。

この他、ストッキングやタイツを履くのも基本で、生足や靴下はNGという会社もあります。靴もパンプスなど職場によって望ましいとされているものが決められていることがあります。つまりは、最も参考になるのは同じ職場の先輩や同僚の着こなしでしょう。「素敵!」と思ったものはどんどん真似をして、ぜひオフィスカジュアルならではのおしゃれを楽しむようにしてください。

関連リンクはこちら

女性もおしゃれにカッコよく! スーツの着こなし方
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す