上品な雰囲気になる! レディースノーカラージャケットの着こなし方

掲載日:

レディースのノーカラージャケットはさまざまなシーンで活用できるので、一着と言わずお気に入りのものを何着でも持っていたいアイテムです。ノーカラージャケットの魅力、着こなし方、そしておすすめのコーディネートなどをご紹介します。

ノーカラージャケットとは

ノーカラージャケットとは、その名のとおりカラー(襟)のないジャケットのことです。単体として販売されている一方、スカートやパンツとのセットアップもあり、カジュアルからオフィス向けまで幅広く活用できます。

ノーカラージャケットはトリミングの仕方にバリエーションがあり、テーラードジャケット(襟付きのジャケット)からカラーを省いたようなVネックのものや、首回りを丸くカットしたラウンドノーカラーなどがあります。テーラードジャケットと比べると比較的自由なデザイン、色使いのものが多いのも特徴です。


またジャケット以外にはノーカラーのコートも人気があります。

ノーカラージャケットが与える印象


ノーカラージャケットには男性向けのものもありますが、女性が着るイメージが強いという人も多いのではないでしょうか。ノーカラージャケットはテーラードジャケットと異なりカラーがない分、抜け感やこなれ感があって堅い印象がやわらぎ、女性らしさがアップします。また、それでいて自然な上品さが漂うのも良さだといえます。

セットアップであればオフィスカジュアルやビジネスカジュアルにも活用できます。ただし、会社によってはノーカラージャケットがNGとなっていることもあるので注意してください。

ほかには入卒園式などのセレモニーでもノーカラージャケットはよく着用されます。特に少し落ち着いたデザインや色合いのノーカラージャケットは、ミセスのよそ行きの服装として活用される機会が多いでしょう。

また、ノーカラーとよく似ている型で、控えめな立ち襟が付いたスタンドカラーのジャケットも近年人気があります。

ノーカラージャケットを着こなすコツ

ノーカラージャケットを活用するにはどのようなことを意識すると良いのか、おしゃれに着こなすコツをみてましょう。

黒・ネイビー・グレーなどシンプルな色のノーカラージャケットを用意する


着用シーンにもよりますが、まずは黒・ネイビー・グレーといったシンプルな色のノーカラージャケットが一着あれば応用が効きやすいでしょう。これらの色はビジネスシーンに向いています。セレモニー用なら明るいベージュ、オフホワイト、薄いブルーなども選択肢に入ってきます。

セットアップスタイルでビジネスシーンに

ノーカラージャケットにスカートやパンツを組み合わせたセットアップスタイルなら、コーディネートに頭を悩ませることなくビジネスシーンに着用できます。色は上述したように濃いものがマッチします。

セパレートスタイルも着回し力抜群

セパレートスタイルでコーディネートできるノーカラージャケットとボトムスがあれば、さらに着回しの幅が広がります。セットアップスタイルよりもカジュアル感が強くなりますが、ほどよくセレモニー感のあるコーディネートも可能です。

インナーは首元がシンプルなものを


ノーカラージャケットには、カラーのないインナーを組み合わせるのが一般的です。首元がボリューミーなインナーだとどうしてもアンバランスになってしまうので要注意です。

シャツ(ブラウス)よりカットソーを組み合わせるのがおすすめ

首元をすっきりと見せたいなら、シャツよりカットソーを合わせるのがおすすめです。シャツがNGというわけではありませんが、スタンドカラー(立ち襟)にするなどの工夫が必要でしょう。

ノーカラージャケットを使用したおすすめコーディネート

最後に、ノーカラージャケットを着こなすためのおすすめのコーディネートをご紹介しましょう。

セットアップスタイル:インナーまで素材を合わせた都会的なスタイル


ノーカラージャケットにワイドパンツ、インナーまで同素材でまとめたコーディネートです。堅苦しくなりがちなセットアップスタイルも、ノーカラー特有の抜け感やドレープ感のある素材にすることで適度にリラックスした装いになります。

セットアップスタイル:明るいブルーグレーのセットアップスタイル


カットソーではなくシャツを合わせる際には、バンドカラーやスタンドカラーのシャツがおすすめ。首元がすっきり見え、全体の統一感も生まれます。全身をブルー系と白でまとめた爽やかなコーディネートです。

セパレートスタイル:セレモニーにも活用できるセパレートスタイル


入卒園などの場面にも人気のコーディネートです。ジャケットのかっちり感と、セミフレアのスカートは女性らしさがあり、上品な装いに。最近ではパンツスタイルでの入卒園出席も多くみられるようになりました。お好みに合わせて、普段のビジネスシーンでも活用できる1着を見つけてみてはいかがでしょうか。

セパレートスタイル:洒脱なモノトーンスタイル


白と黒だけで構築したシンプルなコーディネートですが、ジャケットをノーカラーにするだけでこなれた印象に仕上がります。コサージュなど小物を足せばセレモニースタイルにも応用できます。

番外編:ノーカラー&ウエストマークで変化を加えたスタイル


近年トレンドになっているのがウエストマーク。ボタンを留める代わりに、同素材のベルトを活用したスタイリングです。スタイルアップ効果で、スカートスタイルながら「かっこよさ」も持ち合わせた印象に。

ビジネスからセレモニーまで、女性にとってノーカラージャケットはとても使い勝手の良いアイテムです。上記を参考に襟元がすっきりみえるレディースノーカラージャケットを選び、着こなしてみてください。

関連リンクはこちら

夏にスーツを着る場合にはどうする? 夏のスーツコーディネート ~女性編~
卒園式や入園式では何を着れば良い? 母親の服装について
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す