女性がパンツスーツを着用するメリットと選び方

掲載日:

女性用のスーツとして、選択肢に挙げられるパンツスーツ。スカートスーツとは違う特徴があり、一着持っていれば着こなしの幅がぐんと広がります。パンツスーツを着用するメリットと選び方をご紹介します。

女性がパンツスーツを着るメリット

パンツスーツにはスカートスーツとは異なる良い点がいくつもあります。まずはパンツスーツの代表的なメリットをみてみましょう。

活発、アクティブな印象を与えることができる

パンツスーツは活発、アクティブな印象を与える……というのは多くの人が口にすることです。キャリアウーマンなど、「仕事のできそうな女性」という印象にもつながります。就職活動や面接などでもこうしたイメージがプラスに働くため、最近はパンツスーツを着用する就活生もいるようです。

動きやすい

スカートに比べて動きやすいのもメリットです。しゃがむときなどにも気を使う必要がありません。ただし、動きやすいからと言って、大股で歩いてしまったり、足を開いて座ってしまったりなどには気を付けるようにしましょう。

冬はスカートよりもあたたかい

冬場、スカートよりもあたたかいのもパンツスーツの強みです。冬はパンツスーツに限るという人もいるでしょう。夏場は、冷感素材や膝下タイプのストッキングを選べば涼しく過ごせます。

女性がパンツスーツを着用するときの選び方

パンツスーツを着用する際に気をつけたいポイントや選び方について説明します。

少しゆとりのあるパンツスーツを選ぶ


パンツスーツのボトムスは裾が広がったフレアタイプと、裾が広がっていないストレートタイプ、裾が絞られたテーパードタイプがあります。極端なフレアタイプ、テーパードタイプはカジュアルすぎる印象になります。
また、ヒップや太腿のあたりがぴったりとしすぎているのも見栄えがよくありません。下半身のラインに対して少しゆとりのある、ちょうどよくフィットするパンツを選びましょう。

丈はハーフクッションが基本


丈の基本は、ハーフクッション(足の甲に裾があたる程度の長さ)とされてますが、パンツのデザインに合わせて選ぶと良いでしょう。フレアならヒールが半分隠れるくらい、テーパードタイプ、ストレートタイプならヒールが数ミリ隠れるくらいがおすすめです。春~夏用スーツでは足首の見えるアンクル丈のパンツも涼しげで人気がありますが、こちらはクールビズなどカジュアルなスタイリング向けです。

股上の深さがジャケットに合うものを選ぶ


ボトムスの股上の深さにも注意しておきましょう。ジャケットを着たときにバランスよく見えるサイズを選ぶようにしてください。最近は股上がやや深めのパンツスーツが人気です。

女性のパンツスーツのコーディネート

パンツスーツを着用する際の具体的なコーディネート例をみてみましょう。ビジネススーツなら、色はネイビーとグレーが代表的です。

ネイビーのパンツスーツスタイル


ネイビーのスーツにブルーのシャツブラウスという最もシンプルなカラーリングでまとめたコーディネートです。シンプルなデザインのアイテムを組み合わせることで、パンツスーツのアクティブな印象そのままに、清潔感をアピールできます。これならどんなビジネスシーンでも問題なくマッチするでしょう。

グレーのパンツスーツスタイル


グレーのパンツスーツに合わせて、インナー、シューズ、バッグまでブラックで合わせたモノトーンのコーディネートです。落ち着いた大人の雰囲気が信頼感を与えます。インナーを白に変えれば、明るくフレッシュな印象を演出することもできます。

いつもはスカートが多いという女性でも、持っていて損はないのがパンツスーツです。アクティブな印象を演出したいときなどに、パンツスーツを活用してみてはいかがでしょうか。

関連リンクはこちら

女性もおしゃれにカッコよく!スーツの着こなし方
レディーススーツに合わせるインナーの選び方
女性のスーツに合わせるベルトの選び方
スーツスタイル時の通勤用バッグの選び方 ~女性編~
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す