ホームへ戻る > DAILY MAINTENANCE

DAILY MAINTENANCE

ご家庭で気軽に洗濯できるウォッシャブルスーツ。洗濯機でのメンテナンス法と、シャワーでのメンテナンス法をご紹介。

WASHABLE ウォッシャブル

■洗濯機で洗える

汗による汚れ、臭いなどを効果的に落とせます。

■型崩れに強い

特殊な縫製仕様と優れた折り目耐久性。

■経済的に優れる

ご自宅で洗えてクリーニング代を節約。

洗濯機での水洗い方法

お洗濯の前に

01

上着は前ボタンを掛けず、袖、身頃をきれいに整えてください。

02

スラックスはボタン、前カン、ファスナーを閉じてプリーツを整えた後、3つ折りにします。
※ポケットの中に物が入っていない事を確認してください。

03

3つ折りにしたスラックスを上着の胸部分に置きます。左右の袖を折り曲げ、最後に身頃もたたみます。

04

ネットに入れファスナーを閉めた後、洗濯槽の壁に沿うように入れてください。
※お洗濯の際は、必ずサイズの合った洗濯ネットをお使いください。

洗剤について

01

毛100%もしくは毛混の商品は、中性洗剤(エマール、アクロン等)を使用してください。

02

洗剤は洗濯機の中でよく溶かしてから洗濯物を入れましょう。(洗剤が部分的に付着するとその部分が変色する事があります。)

03

漂白剤・柔軟剤は絶対に使用しないでください。

お洗濯方法

01

水温は40℃以下で洗いましょう。

熱い湯を製品に直接かけると、その部分が変色することがあります。

02

水流は「弱」「手洗いコース」「ソフト」で行ってください。

03

脱水は最短時間(1分程度)で行ってください。

最後の脱水を長時間するとアイロン掛けをしてもシワが残ってしまう事があります。

乾燥時のご注意点

01

強い手しぼりは避けてください。

02

コインランドリーや家庭用の乾燥機の使用は小ジワや収縮の原因となります。ご使用はお避けください。

03

上着を干す時は厚手で肩幅に合ったハンガーを使い、スラックスは腰部を上にして、手でたたいてシワを伸ばし、日陰干ししてください。全体を両手で軽く叩き、シワをとってください。

アイロンの掛け方

01

アイロンの温度は中温(140℃~160℃)もしくは「毛」の目盛りに合わせてください。必ず、ハンカチ等、木綿素材の当て布をしてください。

02

スラックスは形態安定加工がしてありますので、折り目のプレス及びアイロン掛けは、必ず元の折目ラインにプレス・アイロンをしてください。

PAGE TOP

シャワーでの水洗い方法

01

上着は袖も含めて裏返し、パンツも裏返してハンガーにかけます。

02

40℃程度の温水シャワーを全体にかけます。
(目安2~3分程度)

03

表に返してハンガーにかけ、02と同様にシャワーをかけます。

04

水滴が滴らなくなったら(目安1~2時間)、風通しの良い場所で陰干しをします。

その他注意点
※ドライクリーニングまたは、ご家庭の洗濯機やシャワーによる水洗いのどちらでも可能です。
※上着とスラックスを庫異なった方法で洗濯しますと、洗濯回数により色の違いが若干出ることがあります。上着とスラックスは一緒に洗濯することをおすすめします。
※洗濯後、完全に乾いていない場合、縫製時に使用する溶剤(無公害)のため、臭いがでる場合がありますが、乾けば臭わなくなりますのでご了承ください。
※油性の汚れなど、ご家庭洗濯では落ちにくい場合は、クリーニング店にご相談ください。
PAGE TOP
  • ORIHICA meets FRONTALE
  • ポイント照会
  • スタッフブログ
  • 入会費・年会費無料
  • メールマガジンの登録・解除
  • Q&A
  • Q&A
  • ORIHICA CHANNEL
  • スタッフ募集
to top

WASHABLE ウォッシャブル | メンテナンス | ORIHICA(オリヒカ)公式サイト | メンズ&レディス スーツ・フォーマル・カジュアルショップ