ホームへ戻る > SPECIAL > HOW TO > 弔事のマナー

弔事のマナー

節度を守ることで
お悔やみの姿勢を表現

弔事の場では、大人としての礼節と、故人をお悔やみする姿勢が求められます。アクセサリーやチーフなどはもちろん、ネクタイのディンプルも控えましょう。

POINT

  • シャツの襟は正統な
    ワイドカラーで。

  • タイの結び目は
    ノーディンプルが鉄則。

  • パンツの裾は
    フォーマルなシングル仕上げ。

礼節をわきまえて、小物は黒と白で無駄な装飾を排した選びを。

基本的にはホワイトとブラックのもののみに小物は統一し、デザイン性の高いものは避けましょう。それ以外に、数珠や袱紗などを持っておくのも大人のマナーです。

華美なものは避け
シンプルに徹し切る

故人をお悔やみする気持ちを第一として捉え、無駄なアクセサリー類は避け、服装もシンプルなデザインを採用したブラックカラーのもので統一しましょう。

  • レディスフォーマル/限定店舗展開 [77035008] ¥39,000
  • パールネックレス/限定店舗展開 [LFPN01-A] ¥4,000
  • バッグ/限定店舗展開 [5625764D] ¥10,000
  • パンプス [RT04-01] ¥6,900

POINT

  • 華美なものは控え
    パールのネックレスを。

  • スカートは節度のある
    膝丈をチョイス。

  • 足元は爪先が出ない
    シンプルな黒パンプス。

華美なデザインは礼節をわきまえた小物を選ぶ。

小物類も装飾性の極力ないものを。アクセサリーは首元のパールのネックレスのみに留めるのが良いでしょう。パンプスも、ヒールの高さや太さが中庸なものを。

SHOP LIST
ONLINE SHOP
  • ORIHICA meets FRONTALE
  • ポイント照会
  • スタッフブログ
  • メールマガジンの登録・解除
  • Q&A
  • Q&A
  • ORIHICA CHANNEL
  • スタッフ募集
to top

弔事のマナー | 特集 | ORIHICA(オリヒカ)公式サイト | メンズ&レディス スーツ・フォーマル・カジュアルショップ