ホームへ戻る > SPECIAL > 着こなし・知識 > シャツ&タイの“こなし”ワザ

2015.02.09

シャツ&タイの“こなし”ワザ

シャツ&タイの着こなしには、確実にマスターしておきたい基本テクニックがあります。
ここでは知ってるようで知らなかった基本に加え、一歩先行く応用ワザをご紹介します。

スマートなタイの長さは剣先がベルトの中心位置

もっともスマートに見えるタイの長さは、真っ直ぐ立ってベルトの中心に剣先がかかる程度。体型的に長くなってしまう場合は大剣裏のループに一巻きしたり、小剣をパンツにINすることで調整できます。

タイバーの位置はVゾーンから
ちらりと見える程度が基本

ノット=結び目を立体的にホールドできるうえ、Vゾーンのアクセントにも効果的なタイバー。ジャケットの前ボタンを留めたとき、Vゾーンからちらりと見える位置に挿すのが基本です。

タイバーをあえて高い位置に
斜め挿しするのが応用テク

タイバーをVゾーンの中心辺りに挿すのも粋なテクニック。その場合、ちょっと斜めに装着することでVゾーンに動きが生まれ、上級者ならではの洒脱感を演出できます。

小剣をちょっとズラして
Vゾーンに遊び心をプラス

通常は大剣裏のループに小剣を通しますが、あえてズラすのも洒脱。これは画一化したタイドアップスタイルに、個性や遊び心を表現するイタリア人から広まったテク。小剣の柄が異なるタイで実践すれば、より効果的です。

  • ORIHICA meets FRONTALE
  • ポイント照会
  • スタッフブログ
  • メールマガジンの登録・解除
  • Q&A
  • Q&A
  • ORIHICA CHANNEL
  • スタッフ募集
to top

シャツ&タイの“こなし”ワザ | 特集 | ORIHICA(オリヒカ)公式サイト | メンズ&レディス スーツ・フォーマル・カジュアルショップ