ホームへ戻る > SPECIAL > 着こなし・知識 > コートの “こなし”ワザ

2014.11.27

コートの “こなし”ワザ

他のアイテムに比べ、コートはディテールが豊富。そんなディテールを上手にアレンジすれば、簡単に“こなれ感”を
演出できます。ここではスタイリスト直伝の“こなし”テクニックを紹介します。

前ボタンを開けたままベルトを締める

通常はコートの前ボタンを留めてからベルトを締めますが、あえてボタンを開けたまま締めるのも洒脱。
インナーの見え方も変わってくるので奥行き感がでるうえ、重く見えすぎないというメリットも。

衿を立てた上から
マフラーを掛ける

メンズのチェスターコートは程よい衿の大きさなので、衿立テクもサマになります。さらに、その上からマフラーを掛けることで衿がホールドされ、着こなしのアクセントにもなります。

ベルトをリボン結びにして
女性らしい後ろ姿を演出

レディスのトレンチは、バックルに通した状態で背中に固定できる仕様ですが、リボン結びで固定すればよりバックシャンな表情に。コートのウエストも程よくシェイプできるテクニックです。

コートの胸ポケットに
グローブを挿す

ジャケットと同じテーラードデザインのチェスターコートには、胸ポケットも装備。ここにチーフではなく、グローブを挿すのが新鮮。実用的かつアクセントになるワザです。

ベルトの結び目を
あえて中心からズラす

ウエストベルトをきちんとバックルに通すのは王道ですが、こんな片蝶結びで締めるのも粋。その際、結び目を中心から少しだけオフセットすれば、よりこなれた印象になります。

  • ORIHICA meets FRONTALE
  • ポイント照会
  • スタッフブログ
  • メールマガジンの登録・解除
  • Q&A
  • Q&A
  • ORIHICA CHANNEL
  • スタッフ募集
to top

コートの “こなし”ワザ | 特集 | ORIHICA(オリヒカ)公式サイト | メンズ&レディス スーツ・フォーマル・カジュアルショップ