子供の幼稚園、小学校のお受験に着るスーツの選び方 ~父親編~

掲載日:


子供の幼稚園や小学校のお受験では、両親の服装をどうするかというのも悩みどころの一つです。父親の場合はスーツを着れば良いということで片付けられがちですが、とはいえスーツならなんでもOKというわけではありません。子供のお受験で父親が着るべきスーツの選び方をご紹介します。

子供のお受験の際に着る父親の洋服の基本

子供のお受験では、父親はスーツを着るのが基本です。それも、普段仕事で着ているスーツよりはフォーマルなものを着て臨みます。

昨今のお受験では、服装や受け答えに関して万全の対策をしている母親よりも、家庭によって差が出やすい父親のほうを見られることが多いと言われています。それだけに、スーツもいつもよりは少しかしこまった、細かいところまで気配りされたものを着用していくことが望まれます。

子供のお受験の際に着る父親のスーツの選び方

具体的にどのようなスーツを選ぶべきなのか、押さえておくべきポイントを見てみましょう。

・柄なしの無地のものを選ぶ

まず、生地はストライプなどの柄が入ったものではなく、無地を選びましょう。形は最もスタンダードなシングルの2つボタンが無難です。

・ネイビー、グレー、黒などの比較的落ち着いた色を選ぶ


色はネイビー、グレー、黒などから選択してください。明るめではなく、ダークで落ち着いた色にしましょう。ネクタイの色も迷ったらスーツと同系色でまとめるのがおすすめです

・表面がつるつるになってしまったスーツは避ける

着古した印象を与えるような、表面がつるつるになったスーツはいただけません。素材もなるべく高品質に見えるウール100%のものを選びましょう。

スーツ以外に気を付けるポイント

お受験に着るスーツは、スーツそのものだけではなく、小物など細かいポイントにも気を付けてください。

・ワイシャツは無地の白が基本


ワイシャツは無地の白や目立たないストライプなどのシンプルなものにします。襟はレギュラーカラーかワイドカラーを選びましょう。

・靴下は長いものを履く


短い靴下はNG。くるぶしより長く、座っても素肌が見えないということを基準に長さを選んでください。色はスーツの色と合わせます。

・腕時計はフォーマルな革バンドにする

腕時計にも気を遣いましょう。デザインはできるだけシンプルなものを。フォーマルな印象を与えるのは革バンドの時計です。

・母親とも雰囲気を合わせる

母親もスーツを着ることになるので、二人の雰囲気を合わせることも意識しましょう。並んでみてちぐはぐな印象にならないよう、色合いなどを注意してください。

お受験用の父親のスーツのコーディネート

最後に、実際のお受験用の父親のスーツコーディネート例をご紹介しましょう。

・ネイビースーツ×ブルーネクタイ


王道のネイビースーツに、同系色のブルーのネクタイを合わせて爽やか好印象な父親に。スーツは細すぎても、大きすぎても良くありません。ほどよくスリムなシルエットならシャープな雰囲気になります。

・ブラックスーツ×ネイビーネクタイ


黒スーツは、スーツの着こなしに自信のない人でもおすすめ。ネイビーネクタイを合わせると絶対に外さないモノトーンコーディネートになります。ネクタイはストライプ柄でもOKです。派手すぎる色は避けて、あくまで主役のお子様を立たせるスタイルです。

・グレースーツ×グレーネクタイ


グレースーツを選ぶときは明るいグレーではなく、チャコールグレーで。ネクタイはあえて同色で合わせて色数を絞れば、安心感のある大人のスタイリングになります。

お受験では、いつもとは少し違うしっかりとしたスーツを用意することで、父親としての受け答えや態度にも自信が現れるものです。奥様とも相談しながら、ふさわしい一着を選んでください。

関連リンクはこちら

子供の幼稚園、小学校のお受験に着るスーツの選び方 ~母親編~
ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す

ORIHICAオンラインショップでアイテムを探す

  • ORIHICA meets FRONTALE
  • ポイント照会
  • スタッフブログ
  • メールマガジンの登録・解除
  • Q&A
  • Q&A
  • ORIHICA CHANNEL
  • 新卒採用
  • パート・アルバイト募集
to top

子供の幼稚園、小学校のお受験に着るスーツの選び方 ~父親編~ | 特集 | ORIHICA(オリヒカ)公式サイト | メンズ&レディス スーツ・フォーマル・カジュアルショップ