WHAT’S NEW

2014.10.31

ドレスコードは「スマートカジュアル」迷った時はジャケパンで!

出典先:http://www.fashionbeans.com/2011/party-season-lookbook-part-1-smart-casual/

パーティやレストランなどのドレスコードでよく耳にする“スマートカジュアル”。「正直どんな格好でいけばいいのかよくわからない…」と、コーディネートに悩んでしまう人も多いのでは? 基本的に男性の場合、肩と脚を露出した服装はNGのため、Tシャツやタンクトップ、ハーフパンツ、サンダルなどの軽装は避けるようにしましょう。困った時は、ジャケパンSTYLEにしておくのがオススメです。ジャケパンSTYLEなら、上品さとカジュアルさをバランス良く取り入れることができ、よほどのことがない限りNGになることはないはず。足元も革靴を合わせるのが無難です。では、どのようなジャケパンSTYLEにすればいいのか、その一例をご紹介します。

 

気軽に羽織れる“ニット素材のジャケット”でリラックス感も!

出典先: http://hespokestyle.com/in-between-dress-pant/
http://www.fashionbeans.com/2013/the-blazer-2013s-key-piece/

「少しラフすぎるかも…」と避けてしまいがちな“ニット素材のジャケット”ですが、スマートカジュアルなら程よく力の抜けた雰囲気でもOK。ボトムスは、ジーンズではなくチノパンやスラックスを合わせるのがベターです。また、ストールやポケットチーフとも相性が良いので、うまく取り入れればより洗練された印象に! スマートカジュアルの場合、指定がない限りノータイでも問題ありません。

 

おしゃれ上級者も大注目の“タートルネック”をイン!

出典先: http://www.fashionbeans.com/2014/aw14-mens-roll-neck-trend-ways-to-wear
http://fashiony.ru/page.php?id_n=79380

秋冬トレンドの「ジャケット×タートル」の組み合わせもオススメ! かっちり感のあるグレージャケットも“タートルネック”を合わせれば、温かみのある抜け感が出てソフトな印象に。ジャケットと同系色でまとめるのも良いですが、明るめのカラーを差し色としてプラスするのも◎。メリハリのある色使いで、個性を演出するためにも効果的です。

 

フロントオープンしても映える“ジレ”をレイヤード!

出典先:http://hespokestyle.com/blue-waistcoat-separate/
http://www.fashionbeans.com/2013/mens-fashion-basics-part-89-how-to-wear-a-waistcoat/

室内ではジャケットを脱ぐ機会もよくありますが、ジャケットを脱いだ時でもスマートに見える “ジレ”は、ぜひ取り入れたいアイテムです。スマートカジュアルの定番「ジャケット+シャツ+スラックス」も、ジレをプラスするだけで一気におしゃれ度がアップします。“ビジカジ”STYLEにおいて、コーディネートの幅が広がるジレ。ぜひ1着はワードローブに取り入れておきたいものです。

※ 記事への掲載商品はORIHICAの商品ではございません。
  詳細につきましては各出典先をご参照下さいませ。

<ORIHICAおすすめのジャケットスタイルはこちら!>
http://www.orihica.com/orcmag/styling/141003

2015.09.09

MORE MOVIE